ボランティア

Volunteer

pixta_25670518_L.jpg
 
 

SHAREのボランティア活動に参加しませんか?

SHARE日本語プログラムではボランティアを募集しています。

 

あなたのプロフェッショナルスキルはサービス寄付として税金控除の対象にすることができます。

すでに職場から引退された方、アメリカにいる間にお仕事を休止している方、お仕事の合間にお手伝いいただける方がおられましたら、ご連絡ください。


必要なボランティア活動の一例

運営ボランティア

  • ヘルプラインピアサポーター

  • イベントの企画、進行

  • 一般的な事務やお手伝い

  • 勉強会やセミナーなどでの講師としてご協力いただける方

 

情報発信ボランティア

  • フライヤー、ウェブサイトなどのデザイン

  • ウェブサイトの管理

  • 英語のニュース記事の日本語翻訳

  • メールの返信

  • SNSの発信

患者さんのケア

  • 病院や医師への付き添い

  • 患者さんのお子さんのベビーシッター

  • 治療中の方へのホームサービス

 

ボランティア活動にご協力くださる方は、ご自分のスキル、今までやってこられたこと、これからやってみたいことなどを「お問い合わせ欄」からお知らせください。お待ちしております。