スポンサーとサポーター

Sponsors and Supporters


ご協力くださった個人様と企業様へ、厚くお礼を申し上げます。ありがとうございました。

ご協力いただいておりますスポンサー様

2014年、このウェブサイトは故青木みどり様のご遺族様より、代表のブロディー愛子宛てに直接いただいたご寄付で作成されました。

2014年4月16日の日系人会主催のサクラ・ヘルス・フェアーで行われたフォーラム “患者から見た日本とアメリカの闘病生活と医療事情の違い” にて、ニューヨーク源吉兆庵様と伊藤園様、華密恋様のご協力をいただきました。

2014年11月22日の日系人会主催のシニアウイークで行われたフォーラム “ニューヨークでの無料・低価格婦人科検診のガイドライン” にて、伊藤園様のご協力をいただきました。

SHARE日本語プログラムは、アメリカに住む日系人、日本人、日本へご帰国予定のある患者とそのご家族のために、より良いサービスを無料で提供するための活動資金のご寄付をみなさまから募っております。

 

商品でのご寄付もお受けしております。

【一例】

  • サポートミーティングや勉強会、セミナーなどのリフレッシュメントとして、飲み物など

  • 患者の健康と美容の向上につながる製品など

 

JMSA/JCOPより、SHARE日本語プログラムへ毎年助成金を頂いております。

2018年6月11日にメインオフィスで行われた第一回勉強会では、JAMSNETより補助金をいただきました。