代表の言葉

From the Representative

 2013年7月、日本人の乳がん患者のミーティングスペースを借りるために、NPO法人SHAREに電話を入れたのが「SHARE日本語プログラム」の始まりです。

SHAREで患者のサポートミーティングを行うために必要な、ファシリテートとヘルプラインサポートのトレーニングを受け、SHAREのボランティアとして私が活動することを条件に、SHARE日本語プログラムを存続しています。

また、SHARE日本語プログラムは設立と同時に 邦人医療支援ネットワーク Japanese Medical Support Network(ジャムズネット)に加盟。さらに現在は 米国日本医師会 Japanese Medical Society of America(JMSA) からのご支援も受け、より良い活動に繋げています。

私たちは日本から離れ、仕事や家庭を持ちながら病気と闘っていく患者の集まりです。ひとりひとりがお互いの手を取り合うことでSHARE日本語プログラムは成り立っています。

この活動をより多くの日本人/日系人のみなさまに活用していただけるよう、アメリカ国内で情報発信をするだけでなく、日本で治療される方へのサポートをするために、日本各地にある患者サポート団体と連携を持つことにも力を入れております。 

この活動を次の世代にも伝えて行きたいと思うとともに、医療の発展により、私たちのような辛い経験をする人がいなくなり、この会が必要で無くなることが私の一番の望みです。

最後に、初めてのアジア人の集まりとして私たち日本人をこころよく受け入れてくれたSHAREと、私をいつも気遣ってくださる周りのみなさま、そしてこの活動を始めるにあたり、私と寄り添い、背中を押してくれた故青木みどりさんに心から感謝いたします。

IMG_0045_s.jpg

「SHARE」日本語プログラム代表
ブロディー愛子