よくある質問

FAQ

pixta_36854415_L.jpg
 
 

Q. アメリカでマンモグラムを受けるにはどうすればいいですか?

A. かかりつけの一般診療医または、産婦人科医に処方箋を書いてもらってください。場所を指定されるかもしれませんが、通常、どこの施設を使うかは自分で決めらることができます。

【注】病院内で検査するか、もしくは病院と連携しているラジオロジーセンターを利用すると、さらに検査が必要な時などに、病院との連携が楽になります

 

Q. マンモグラムでデンスブレストと言われましたがどうすれば良いのでしょう?

A. 州によっては、デンスブレストとわかった女性には、医師が患者に告知することが義務付けられているところもあります。告知の中にはさらなる検診が必要であることが書かれています。マンモグラムをオーダーした主治医に知らせることで、ソノグラム/エコーグラムやMRIなどの処方箋を書いてもらうことができます。処方箋があることで、保険対応となります。

【注】必ず主治医に検査の処方箋を出してもらいましょう。検査が保険でカバーされるかを、保険会社に連絡をして確かめることで、予想をしていなかった請求書が送りつけられることが避けられます(MRIのような場合は、保険会社から期限が言い渡されます)。検査をする場合、自分の保険が検査施設や技師をカバーしているかを、必ず確かめましょう

 

Q. セカンドオピニオンを受けたいのですが、どうすれば良いのでしょう?

A. まずはセカンドオピ二オンを受けたい病院の予約を取りましょう。その際に自身の保険、診察時に必要な書類など確認してください。初診を受けた病院で、自分の記録を他の病院や医師に送っても良いという文書にサインをすることで、検査記録はセカンドオピニオンの施設にFAXやメールで送ってもらうことができます。

 

Q. 主治医から勧められた医師や機関以外で診てもらうにはどうしたら良いのでしょう?

A. 日本人は言われたところに行かなければいけないとか、他に変えたら失礼に当たると思いがちですが、自分と医師や病院との相性、地理的な便利さなども考えて、勧められた機関以外で診てもらうことはアメリカでは普通に行われています。

【注】医師から勧められたところが、自分の保険対応をしているとは限りません。病院や医師を変えるときは必ず自分の保険が使えるかを確かめましょう

 

Q. 保険に入っていないのですが、がんの可能性があると言われました。日本に帰った方が良いでしょうか?

A. アメリカでの治療を望まれるのでしたら、Affordable Health Care(オバマケア)の専門家と相談をしてください。緊急な場合であっても、多額の費用を支払わなくて済む方法をアドバイスしてくれます。

【注】病院にはソーシャルワーカーいますので、こういった場合はソーシャルワーカーがお手伝いをしてくれます

 

Q. 日本でがんの治療を受けていました、アメリカで主治医が必要なのですが、日本から用意するものはどんなものですか?

A. 一年以内に受けた検査記録、医師の病理診断書、画像などを持参する必要があります。またこれらはすべて英語に訳されていなくてはなりません。

【注】持病のある場合、薬を一錠もらうのにもこれらは必要で、これらが揃っていなければ医師に予約を入れることもできません。病理診断書に書いて有る数字がグラムなのか、センチなのか、説明がちゃんとなされているようにしましょう

 

Q. 日本でマンモグラムを撮ってきました。影があると言われたのですが、すでにアメリカに戻っています。どうすればいいでしょう。

A. マモグラムの画像を日本から送ってもらい、アメリカの専門医(乳腺外科医)の予約を取りましょう。

【注】日本ではこれらの画像が個人のものと認識されない場合があるので、入手するのにお金がかかったり、入手できない場合があります。アメリカではマンモグラムは通常1年に一回とされているので、12か月以内の場合は再度の取り直しを拒みます。日本で画像検診をした直ぐ後にアメリカに戻る場合は、それらの画像を持ち帰れるようにしておきましょう 

 

Q. 自分の保険が使える病院や医師はどうやって探せば良いのでしょうか?

A. 保険会社には加入している医療者のリストがあります。インターネットなどでも検索できますが、予約を取りたい医師などに直接聞いてみるのも手早い方法かと思います。 

【注】どの保険にも加入していない医師がいます。その場合、患者は全額の支払いを要求される、後に患者は自分で保険会社と対応して医師に支払った金額を返してもらうことになります。保険会社には治療にかる料金の設定がされており、医師からそれ以上の請求をされて、支払ってしまった場合には、差額は自分持ちとなりますので、なるべく保険に加入している医師に診てもらうことをお勧めします

 

Q. 病院から思わぬ請求書が届きました。保険に加入しているはずなのになぜですか?

A. 日本では考えられないことですが、アメリカではよくある話です。まずは直ぐに支払わないことです。病院や医師は保険会社に請求書を送るとともに患者にも同じものを送ることがよくあります。支払う前に、まず病院から送られてきた請求書内の検査日を確認し、保険会社に何故支払われなかったのかを聞いてください。病院側の手違いで保険会社に請求書が届いていない場合があります。

【注】保険会社と話をした後も、病院側から同じ請求書を何度も送ってくる場合がありますが、保険会社が支払うものとわかっている場合は、その都度病院に連絡し、確認してください

以前は患者にコレクションエージェンシーから嫌がらせとも思える電話がきましたが、今ではそれが法律で禁じられています

 

Q. 病院に行くことになったのですが、英語が苦手です。どうすれば良いでしょうか?

A. 予約を入れる際に必ず日本語の通訳を頼みましょう。このサービスは無料です。

【注】小さなクリニックなどではこの対応ができない場合がありますので、あらかじめお手伝いいただける方をお願いしておきましょう。医師と本人と通訳者の3人で電話で話すことができます