クオモ州知事、上院多数党フラナガン氏、国会議長ヒースティ氏は乳がんスクリーニングへのアクセス向上と、費用負担についての新たな法律制定に合意

safe_image.jpeg

クオモ州知事、上院多数党フラナガン氏、国会議長ヒースティ氏は乳がんスクリーニングへのアクセス向上と、費用負担についての新たな法律制定に合意


2016年6月12日

構想は州知事の国内で最も積極的な乳がんスクリーニングへのアクセス向上のための計画に基づき作成された。

合意されたことには、病院やクリニックでのスクリーニング利用可能時間の拡大が含まれた。これは健康保険の弊害を除外し、公共機関勤務職員にスクリーニングのための有給時間を提供することを含んでいる。

クオモ州知事、上院多数党リーダーのジョン・フラナガン氏、そして国会議長カール・ヒースティ氏は本日、乳がんスクリーニングへのアクセスの向上と、州知事の2016年施政方針演説で概説された、一連の乳がんの計画に基づき作成することに同意したと発表した。ニューヨーク州はクオモ州知事のもと、乳がんスクリーニングへのアクセス向上のために、国内で最も積極的な行動を起こしている。それらを基礎とし、共に取り組んでいくことで、州を渡りさらに多くの女性が必要で受けるべき医療と医療サービスにアクセスできるようになるであろう。この同意は、州全域にある210の病院のマンモグラフィー施設においてスクリーニング利用可能時間の延長と、マンモグラムとその他のスクリーニング、そして乳がんを見つけるための、画像診断を受ける際の健康保険の障害を、取り除く法案も含まれている。

「乳がんと戦うためには早期発見が極めて重要であり、ニューヨーク州は国内で最も積極的ながん検診の拠点であることを誇りに思う」とクオモ州知事は述べた。「サンディーが乳がんと診断された時、早期に発見できて幸運だった。しかし、全ての女性が幸運なわけではなく、多くの女性が融通の利くスケジュールや、この病気と向かい合って戦うための情報に恵まれているわけではない。スクリーニング時間を拡張し、健康保険の障害と取り除くことで、この同意は我々の妻、娘、そして姉や妹が命を救うヘルスサービスへのより良いアクセスを得ることになり、この病気に先んじることができるだろう。上院多数党フラナガン氏と、国会議長ヒースティ氏が協力し、全ての女性がスクリーニングを受けるよう強く勧めていることに感謝する ーがんの早期発見は、一生に大きく影響するためである」

上院多数党リーダージョン・フラナガン氏は述べた。「女性に長く健康に生きる機会を与えるという、州の責任を再確認する三者同意に至ったことをうれしく思う。それが理由でニューヨークの女性が必要で受けるべきな検査を受けるよう、可能な限り勧めて行うことがとても重要である。クオモ州知事がこの問題に光を当て、我々両党の同僚に、乳がんと戦うために必要なツールが得られるように働きかけて下さったことに感謝する。我々の誰もが早期発見が乳がんから生き延びるための最良の方法であると理解しているし、私もニューヨークの人々にとって非常に重要なことができることを誇りに思います。

「乳がんはとても多くの女性、妻、母、娘、姉や妹、そして友人の人生に影響する」国会議長カール・ヒースティ氏は述べた。

この同意は、意識を高め、女性が命を救う早期発見を確実にするために、手頃な価格で必要な乳がん検診にアクセスできるようにするという私たちの責任を表しています。

マンモグラフィー検診車の追加は、これまでこれらのサービスにアクセス出来なかった地域へ予防サービスを提供し、乳がんとの戦いを強化に繋がるものである。この同意を通して、ニューヨークは進歩的な指導者であり続け、この協定を通じて、ニューヨークは進歩的な指導者であり続け、女性の健康と健康を促進するための国家のモデルとなるだろう」

今日の法案では、知事選挙公演、地域社会への広報プログラム、患者ナビゲーター、マンモグラフィー検診車など、州知事の州演説で概説されている9,100万ドルの投資に基づいています。

新しい立法協定は:

  • 平日の午前9時から午後5時の間にマンモグラフィーのスケジュールを組むのが困難な女性のために、210の病院と病院の付属クリニックに、少なくとも週に4時間、スクリーニングの時間延長を提供するよう要求する。これらは月曜日から金曜日の午前7時から9時までと午後5時から7時まで、および土、日曜日の午前9時から午後5時を含みます

  • 40代の女性で国で定めたスクリーニングガイドライン以上に健診を必要とされる人も含め、すべてのマンモグラム健診にかかる年間控除(ディダクタブル)、自己負担金(コーペイ)および、共同保険金支払い(コーインシュアランス)の「費用負担」を排除する

  • 診断用のマンモグラム、乳房超音波、そして乳がんのリスクの高い女性のための乳房MRIを含めた乳がんの画像診断の費用負担を廃止する。その結果、標準的なマンモグラム以外の検査が必要な女性は、これらの最も標準的な診断検査費用を払う必要がなくなる

  • 100万人あるいはそれ以上の都市の公共機関勤務職員に、現在、年間4時間の乳がんスクリーニングのための有給時間が認められている。現在の州法では、全ての公営雇用者は乳がん健診のために年4時間の休暇を従業員に与えることを義務付けている。今やニューヨーク市の公務員は、州内の他の公務員と同じ給付を受けることになる

「ニューヨー州が乳がんスクリーニングを推進する最前線にいることを誇りに思う」とニューヨーク市衛生局長ハワード・ザッカー医師は述べた。「クオモ州知事の構想は、より早くより効果的な治療をもたらす早期発見の機会を増やすことになるだろう。これら新しい法律は、州周辺の女性の健康と人生に前向きな良い変化を生むことになるであろう」

「乳がんの早期発見は女性の命を救う」と臨時金融最高責任者マリア・T・ヴゥロさんは述べた。「重要なスクリーニングと画像診断の経済的な障害を排除したこの法律制定は、女性とその家族の救いとなり、乳がんが早期に発見され無事に治癒される機会を高めることになるだろう。クオモ州知事が、ニューヨーク州内の女性のためにこの重要で積極的な行動を取ったことを称賛する」

乳がんは最も多く診断されるがんで、ニューヨーク州内の女性の中で死因第2位のがんである。毎年約1万5,000人のニューヨークの女性が新たに乳がんと診断され、約2,640人が亡くなっている。

マンモグラフィーを含めた乳がんスクリーニングは、治療が最も効果的である、早期段階でがんを発見することができます。2014年には、ニューヨーク州の50才から74才の女性の約22パーセントちかくが、2年に1度もマンモグラムを受けたことがないと報告している。

地域予防特別委員会、連邦疾病対策センターにより任命された専門家からなる独立委員会は、便利な診療時間の欠如など構造上の障害を究明している。家族や仕事のしがらみのため、平日午前9時から午後5時の間にマンモグラムを予約するのが難しいことが、スクリーニングを受ける上で重要な影響を与える。他のスクリーニングの障害は、移動手段、スクリーニングの重要性を理解していないことやマンモグラムが痛みを伴うといった恐怖心も含まれる。

ジュリー・ハート米国がん協会政府関係理事長は、「クオモ州知事が、病院にマンモグラフィーを行う時間の拡大を求めることによって、女性の乳がんスクリーニングへのアクセスを向上させるといった大胆な措置は、州にとって正しい動きである。早期発見のためのアクセスの向上は、さらに多くのがんがより早い段階、より治療可能な段階で見つかることになり、そしてより多くの命が救われることになる」と述べた。

スーザンGコーメンニューヨーク市地区のシャキバ・ムハマンディさんは、「クオモ州知事、上院多数党フラナガン氏、国会議長ヒースティ氏が、乳がんスクリーニングへのアクセスの向上と保障を促すこの重要な法律を制定させたことをうれしく思います。早期発見が生存への最良の機会をだということは承知です。ニューヨーク州の多くの女性に利益をもたらす、この積極的な計画を示した州の指導者を賞賛したいと思います」と述べた。

モーリーン・キラッキィ医師ニューヨーク州がん発見教育プログラム諮問委員は、「これは真の患者中心の行動である。スクリーニング時間の拡大と増大と、質の高いスクリーニングサービスへの経済的な障害の減少は、ニューヨーク州の女性が乳がんの早期発見へのアクセスを得ることを保障することになる。クオモ州知事と州議会は、より多くの乳がんの症例が早期に発見され、より多くの女性が、すぐに必要な治療を受けることが出来、この法律制定が命を救うことを保証している」と述べた。

ロスウェル・パークがん協会会長とキャンデス・S・ジョンソンCEOは、「これらの新しい法律は女性の健康のために大きな変革をもたらし、女性が先を見越した行動を起こし、早期発見、有効な治療、そして良い生活の質のために最善の機会を得る助けとなる。ロスウェル・パークがん協会会長は、多くの女性が直面しているスクリーニング検査への障害や保険の負担に言及するため、この重要な問題において政治家が一丸となったことにとても勇気づけられた」と述べた。


勤務時間の制約や他の責任や義務が、がんのスクリーニング検査を受ける障害となっている。ニューヨーク州では、州の公共機関勤務職員は、現在乳がんスクリーニングのため毎年4時間の有給時間を取っている。全てのニューヨークの住民が乳がんスクリーニングのサービスを利用出来るよう、州は全ての民間部門の雇用主に同じタイプの給付を従業員に付与し、毎年4時間の有給時間を与えることを要求している。35の企業が州の取り組みに積極的に賛同している。参加を希望する雇用主は下記へ連絡してください。

州知事報道担当局

電話: アルバーニー:(518) 474-8418 

   ニューヨーク市: (212) 681-4640


この翻訳はボランティアが行ったものです。腑に落ちない点がありましたら下記の原文をお読みください。

https://www.ny.gov/
原文:Governor Cuomo, Majority Leader Flanagan and Speaker Heastie Announce Agreement on New Legislation to Improve Access to and Coverage for Breast Cancer Screening


関連記事