ブルックリン日本語学園にてピンク&ティール・セミナーを開催いたしました

5月18日、ブルックリン日本語学園にお伺いして、学園の保護者のみなさまへ日本語でピンク&ティール・セミナーを開催させていただきました。

育児はもちろん、お仕事と家庭の両立でお忙しい中、10名のみなさまにお集りいただくことができました。

テーブルを囲む形式の少人数セミナーだったこともあり、参加者のみなさまからのご質問を時折はさみながらの進行となりました。セミナーというよりは座談会のような話しやすい雰囲気のなか、プライベートな内容の質問をされる方もいらっしゃったり、みなさまが乳がんや卵巣がん、アメリカの医療や保険制度についてたくさんの疑問をお持ちになっているということを痛感いたしました。

このような機会にみなさまとお会いするたびに、どんな情報を求めているのか、またどのような情報が不足しているのかなどを知ることができ、私たちもたいへん勉強になります。みなさまからいただいたご質問やご意見を、日系コミュニティーを支える活動に役立てていきたいと考えております。ご参加くださったみなさまどうもありがとうございました。

190518_IMG_0007.jpg

SHARE日本語プログラムでは、これまでもピンク&ティール・セミナーを日本語で行っていまいりました。企業や団体の大小に関わらず、ヘルスセミナーや教育セミナーなどに参加させていただくことができますので、ご興味のある日系コミュニティの方は、こちらをごらんください。