セミナー「日本のがん保険と米国の保険事情」にご参加いただきありがとうございました。

日本のがん保険と米国の保険事情

~がんになった時のお金

9月25日、日本クラブ/ニューヨーク商工会議所共催、SHARE日本語プログラム協力のセミナー「日本のがん保険と米国の保険事情 ~がんになった時のお金」を日本クラブ5階サクラルームにて開催いたしました。

講師には日本在住のファイナンシャルプランナーで乳がんサバイバーの黒田尚子氏と、NJ在住で生命保険・医療保険免許を持つファイナンシャルアドバイザーの比嘉啓子氏のお二人をお招きして、日本と米国のがん保険についてお話しいただきました。司会進行は、ジャーナリスト・フリーアナウンサー・健康ナビゲーターでもある沼田靖子さんにご協力いただきました。

まず、個別に日米おのおのの保険システムについてご説明いただいた後、万が一の場合にそなえるにはどのような保険があるのかや、がんなどの重い病気にかかった場合どうしたらいいのかなど、具体例を示しながら日本とアメリカのの最新事情を教えていただきました。

また講師の方がそれぞれに質問しあう場面などもあり、専門家のお2人にとっても日米の違いは興味深いものがあったようです。

参加者の方々の中には、かなり具体的な質問をされる方もおられ、みなさんにとても積極的にご参加いただけたセミナーでした。

当プログラムではこれからも日系コミュニティのみなさまのお役に立てるよう、このようなセミナーや勉強会やを続けていきたいと思っております。

最後に、今回のセミナーにご参加くださった方、お力添えをくださった方、ご協力くださったボランティアのみなさま、日本クラブさまに感謝の意を表します。どうもありがとうございました。

SHARE日本語プログラム スタッフ