乳房スクリーニング、デンスブレスト 

ニューヨーク州、乳房スクリーニングの適用、補足画像診断を要求する保険法案を通過させる

 すべての乳房スクリーニング、ならびにデンスブレストの女性を対象としたMRIやエコー検査などの補足画像診断を、患者負担なしで健康保険全適用内とすることろ要求した最初の州となったのはニューヨークだった。

 乳がん発見のための全スクリーニングと診断上の検査を健康保険が適用内とすることを要求する新しい法律をもって、乳がんスクリーニングへの近道を切り開くため、ニューヨーク州はアメリカ全土でも最も意欲的な行動に出た。この法律はデンスブレストの女性用の補足画像診断も含む。6月27日にアンドリュー・クオモ知事が署名したこの法律は、年間控除額や患者負担といった共有出費をなどの健康保険の壁を取りはらう。デンスブレストの女性に他なるスクリーニング方を探索してもらうための補足画像診断費用を、保険会社にすべて負担させることを要求する、この国初めての法律である。

 「これらの健康保険の壁をとりはらうことで、女性は、乳がん発見のための検査や、診断上のマンモグラフィー、乳房エコー、MRIなどの、乳がんスクリーニング用の実費を免れるであろう。」と知事室の発行した報道発表で述べられている。

 新法律(保険法S8093)は2017年1月1日より有効となる。

 ニューヨークの活動家でなおかつDenseBreast-info.orgの事務局長のジョアン・パシュキンによると、2013年ニューヨークは、マンモグラフィーに繊維性の高い密度が映し出されている場合、患者に明確に曖昧でない言語で告知するデンスブレスト通知を可決した最初の州であった。パシュキンによると、ニューヨークの法律が実地され始めたあと、二つのことが明らかになった。一つは患者にも医師にも高密度組織が何を暗示しているのかに関して、もっと勉強が必要であったこと。二つ目は保険適用の不透明さや高額の控除額や患者負担が、高密度の乳房組織を精査できるであろうエコーやMRIなどの追加検査への妨げであったこと。

 この新たな保険法の警告は、ニューヨークにだけあてはまることではないが、雇用主が「自己資金」として申告している場合は、一般には州の保険法適用外になるのである。つまり適用は拡張されるかもしれないが、患者は控除額や患者負担を払わなければならないかもしれない。詳しくはDenseBreast-info.orgまで。

**********************************************************************************

この記事をURLが現在は機能していません。

詳しくはDenseBreast-info.orgまで。

Screen-Shot-0029-11-26-at-12.25.33-PM-2-300x179.png