乳がん手術に選択の余地が…

多数の患者が乳がん手術に選択の余地があることを知らされていない

ロイター通信:健康ニュース、2018年1月10日

リサ・ラパポート

乳がんと診断された女性は往々にしてどんな手術をするかすぐに決めないといけないように思っているが、患者によってはどの治療法が自分にとって最適なのかを時間をかけてより良い情報を得る方がよいということが、最近の2つの研究で分かった。

一つの研究では腫瘍部分だけを摘出する温存法手術、乳房を全摘する手術、あるいは両方の手術を受けた487人の女性を調査した。

どの手術を受けたかにかかわらず、少なくとも5人に1人の女性がすぐに決めることの方が情報を得て意思決定することよりも重要であったと言っており、少なくとも同数の患者が手術前にすべての情報を得てはいなかったと感じている。

「乳がんという診断は患者にとっては緊急事態に感じられるのですね」とこの研究のリーダー、ドクター・サニー・ミッチェル(乳腺外科医、コネティカット州、ストラットフォード)は言う。

「実際にはすべての選択肢を考慮する時間が十分にあるんですよ、初期の乳がんの生存率は非常に高いですから、2、3週間治療が遅れたからといってどうなるものでもありません」とドクター・ミッチェルはメールで言っている。

ほとんどの早期乳がん患者は温存法手術か全摘手術を受けた後、そのうち多数が抗がん剤治療、または放射線治療を受け、残存しているかもしれない変異細胞を抹殺してがんの再発を抑える。

この調査では温存法患者の47パーセント、全摘手術患者の67パーセント、そして両方の手術を受けた患者の28パーセントだけが手術を受ける前に十分な情報を得たと感じていることが、ドクター・ミッチェルと彼の研究班によって明らかになった。

温存法患者の35パーセント、全摘手術患者の31パーセント、両方の手術を受けた患者の22パーセントにとっては十分な情報を得て意思決定するよりも、即座に決断することの方がより重要であった。

同一のジャーナルに載った別の研究は乳がん患者が治療法選択を理解するための1つの方法を示している。

この研究では、新たに乳がんの診断を受けた227人の患者を無差別に選び、オンラインの治療法選択ツールを使用するか、あるいは米国がん協会や国立がんセンターのような団体のウェブサイトで情報を読むか、どちらかを課題として与えた。

全員が外科医の受診を初めて受ける前にこの調査に参加した。

治療法選択ツールを使用した女性の半分が、乳がんとその治療法についての知識テストで100点中80点を取り、一方いろいろなウエブサイトで情報を得た女性の平均点は66点だった。

同時に、選択ツールを使用した女性の72パーセントが、生存率に影響なく、2,3週間かけて情報を得てから治療法を選択することができることを知り、他のグループの女性ではその数が54パーセントだけであった。

「初めて外科医に会う前に乳がんについて信頼できる情報を得ていることは患者にとって有益なことです」とこの研究の責任著者であるドクター・ヘザー・ニューマン(ウイスコンシン大学医学部・公衆衛生部、ウイスコンシン州、マディソン)はメールで言っている。

選択ツールを使うと、女性にとって自分にとって重要なことや優先すべきものが明らかになる、たとえば放射線を避けたいとか、乳房を温存したいとかいうことに注意を集中することができると、ドクター・クララ・リー(がん研究者、オハイオ州立大学ウエクスナー・メディカルセンター、オハイオ州、コロンバス)は話す。

この過程を経ることによって、女性は医療供給者に治療の選択について話をして、十分な情報を得た上で意思決定をすることができると、ドクター・リー(この研究には関与していない)はメールで言っている。

女性は、選択ツールを使用しなくても、オンラインの情報から学び、情報を知った上で意思決定をすることができると、ドクター・リーはつけ加えている。

「女性は数種の治療法について、単に長所だけでなく、それぞれの長所と短所を示した情報を求めるべきです」とドクター・リーは忠告する。「意思決定をするということは情報だけのことだけではなく、何が自分にとって重要なのかをはっきりと知り、それについて医療供給者と積極的に話し合う準備をするということです」

米国外科医学会ジャーナル、オンライン、12・12・2017

**********************************************************************************

この文章で腑に落ちないところがありましたら、下記の原文をご参照ください。

https://www.reuters.com/article/us-health-breastcancer-surgery/many-women-uninformed-about-breast-cancer-surgery-options-idUSKBN1EZ2PC