デンスブレストと乳がんリスク

デンスブレストの患者は二段階告知後ほぼ10倍の確立でABUS(自動乳房エコー)を遂行する

2017年10月20日

デーブ・ピアソン

([写真の下の説明]イメージ: カンザス大学アメリカX線医学誌)

 デンスブレスト(高濃度乳腺)の女性は、スクリーニング・マンモグラフィーを受けて異常が発見されなくても、放射線医師が乳房組織の密度を知らせ、その結果更なる検査を促すと、追加で自動乳房エコー(ABUS)を遂行するらしい。

 この調査結果の背後で学ばれたのは、患者は手紙に加え電話連絡も受けたとき、効果は絶大であるということである。

 アメリカX線医学誌はこの研究をインターネットで10月18日に発表した。

 カンザス大学のアリソン・アリポリ医師と共同研究者は、3,012人のマンモグラフィーで異常がなかったデンスブレストの女性との会話やその後の行動を再調査した。

 上記の研究者たちが調査したのは検査結果文書、告知方法、その後のABUSとの関連での社会人工学的特徴である。

 研究者たちが発見したのは、高密度組織の知らせを封書で受け、更にABUSを推奨された患者に関しては、そうでなかった患者に比べ、提案に従うのが9.91倍も可能性が高くなった。

 この議論でアリポリ医師と共同研究者は、この調査結果が「補足の検査技術への投資を考慮している、或いは投資で見返りを求めている」患者にはとりわけ適切かもしれないと述べている。

 高密度乳房組織でマンモグラフィー陰性の女性のABUSの使用に関する標準ガイドラインが現在ないが、エコーはこれらの女性のがん発見率を増加させると研究は示していると著者は付け加えている。

 「放射線医師にとって、専門家や主治医と協力して、根拠に基づくガイドラインや、追加検査がいつ必要か、どの検査方法が最も効果的かといった推奨を展開させるのは重大である。」と上記研究者は記している。「検査習性に影響する要因を認識するのは、重要な判断であり、スクリーニングとしてのエコー検査がデンス・ブレストの女性に補足の画像診断法として提示されるべきである」

**********************************************************************************

この文章で腑に落ちないところがありましたら、下記の原文をご参照ください。

http://www.healthimaging.com/topics/womens-health/breast-imaging/dense-breast-patients-nearly-10-times-more-likely-pursue-abus-after-2-part-notification

Screen-Shot-0029-11-02-at-2.06.34-PM-2-300x285.png