より多くの女性乳癌患者へ、乳首温存の乳房切除は安全

NY米国乳房外科協会の年次学会で、メイヨ―・クリニックは、浸潤度が低い乳首を温存する乳房切除は、多くの女性乳癌患者にとっては恩恵になるという分析を発表した。分析は、乳首を温存する乳房切除術が施術され始めてから、合併症や乳房再建不適合などが画期的に減少しており、また、進行性がん患者や術後の高リスクを伴う患者層への施術数も増加している、と報告している。

Read More
FDAテクスチャードタイプの乳房インプラントのリスクから患者を保護する措置を講じ、製薬アラガンに乳房インプラント並びに組織拡張器(ティッシュー・エキスパンダー)の自主市場回収を要求

米国食品医薬品局(FDA)は女性患者を乳房インプラント要因の未分化大細胞リンパ腫(BIA-ALCL)から守るため、アラガン社に対し、対象となる乳房インプラントを回収するよう勧告した。

Read More
FDA、稀少がんに結び付く可能性のある、テクスチャードタイプの乳房インプラントを禁止しないことを決定

米国食品医薬品局(FDA)は、乳房インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫 (BIA-ALCL)として知られる、乳房周囲の瘢痕組織に発生するがんにつながる、表面がザラザラしたテクスチャードタイプの乳房インプラントを禁止しないという決定を下した。

Read More