Share-logo+JP_L.png
 

SHARE日本語プログラムとは

私たちは乳がん、卵巣がんの経験者です。

アメリカで同じ病気に立ち向かう

あなたのお手伝いをさせていただきます。

私たちはあなたがどのような気持ちで

病気に立ち向かなければならないかを知っています。

もしあなたが乳がん、卵巣がんと診断されたら

この病気のことをもっと知りたいと思ったら

私たちがお手伝いします。

 
pixta_46702410_M copy copy.jpg
banner_green.png

あなたは一人ではありません

SHARE日本語プログラムの使命は、乳がん/卵巣がんと診断された在米日本人を、同じ経験をした日本人が支え合うコミュニティーとネットワーク作りです。乳がん/卵巣がんと診断された在米日本人とそのご家族に、経験者と一緒に心情を話し合い、情報交換のできる場所を提供します。

情報

私たちSHARE日本語プログラムでは、アメリカに在住している日本人/日系人の方に、乳がんや卵巣がんの情報を日本語でお届けしています。

ヘルプライン

乳がんについて知りたい、乳がんと診断された、胸にしこりを感じるなど、不安を感じたらお電話ください。経験者が日本語でお話を伺います

サポートグループ

サポートミーティングは、同じ体験をした人と心情を分かち合うだけでなく、病気と生活を両立していくための情報交換をする場でもあります。

SHAREの歩み

SHAREは1976年、乳がん専門医のユージーン・ティーセン医師が、乳がん患者の精神面のサポートには、患者同士で支え合うのがいいと声をかけて、12人のニューヨーク近郊在住の患者が集まってスタートしました。現在では、患者同士が集まるサポートミーティング以外に、電話で相談を受け付けるヘルプラインや、病気に関する知識を高めるプログラムをインターネットでも提供し、アメリカ中の患者たちとつながっています。

banner_pink.png

ご寄付のお願い

SHARE日本語プログラムのサービスは無料で提供しており、すべてが企業や個人からの寄付とボランティアによって運営されています。
私たちは、日系コミュニティーのみなさまのお役に立てるよう、これからも日本語での定期サポートミーティングやイベントプログラムを継続していく必要を感じております。

この活動についてご理解とご支援をお願いしております。

寄付金は課税所得控除(taxdeduction)の対象となります。

Share_blue.jpg
 
 
banner_pink.png