SHAREファンドレイジングパーティー

21日月曜日、12th Annual A Second Helping Of Life, food tasting event が行われました。

毎年マンハッタンのチェルシーピアで行われるファンドライジングイベントは、今年もニューヨークにレストランを持つ28人の女性シェフたちが集まり、腕を振るったおいしいお料理とカクテルのテイスティングで始まりました。

私は今年もボランティアで参加させていただき、サイレントオークションのテーブルの担当を承りました。6時からオークションアイテムの勉強と管理、昨年の様に皆さんにご挨拶をする時間はありませんでした。

そして7時からはフードテイスティング...昨年と同様パールオイスターバーはラブスターロールを試食する人で早々と列ができていました。

人の波をかき分けてアイルを歩いていると、手のひらに載るほどのハンバーガーをわたされ、かぶりつけばパーフェクトのミディアムレア...

今回もShalom Japan のシェフ大河内佐和子さんにご挨拶...今年はサンプラーにしては結構なボリュームを感じたCold Sesame Mazemen with Char Siu Pork。8時頃には完売になっていました。

色々食べまくって最後はSarabeth’s のSarabethさんの 作ったデザートTriple Chocolate Chocolate Pudding with Cream and Chocolate Pearlsでしめました。喜

8時を過ぎて昨年と同じく、プロのオークション屋さんによる競りが始まりました。

ニューヨークの5スターホテルからロンドン、イタリーなどのホテルステイに、今年はスパやレストランの食事も付けて2千ドルから7千ドル相当のオークションアイテムが、笑いのうずの中で落札されて行きました。

最初の頃はあまり活発に競られていなかったサイレントオークションアイテムも、すべてに値段が付けられ、ジェツのゲームティケットなどは値段の倍に膨らんでいました。

乳がん患者さんが着られる水着から、2014年のニューヨークジャイアンツのティーム全員のサイン入りフットボール、ホテルと旅券やニューヨークのヘアサロンの商品券まで、皆さん胸をドキドキさせながら値段を付けていました。

MCをされたNBCテレビのアンカー、パット・バトルさんに、”SHAREは日本語でもサポートをしています イエイ〜” とシャウトアウトをされ、本気でもう引けないと思いました。汗

そしてマウントサイナイ・セントルークの乳腺外科医のマー医師が表彰されました。

今年で日本語プログラムも3年目に入り、来年は日本企業さんやアーティストの皆さんからオークションアイテムのご寄付を募ていただけたらと思っています。

そして皆さんにもこのイベントにぜひ参加して、ニューヨークの女性ミショランスターシェフたちの作るお料理を満喫していただけたらと思います。

参加されたお客様は1200人ほど...今年は昨年よりもオルガナイズされていたと、係の方が嬉しそうでした。

私はともかく ”ごちそうさまでした”。笑

IMG_2999 IMG_3007 IMG_3008 IMG_3017 IMG_3023 IMG_3030 IMG_3022 IMG_3005