BRCA遺伝子を持つ人は卵巣の摘出を

26日、ナショナル・キャンサー・ソサエティーによると、デンス・ブレストの女性が乳がんをマンモグラフで見つける事は乳腺と細胞組織などが多く張っているため分かりにくい。

研究によれば、特に遺伝子細胞 BRCA 1を持つ患者が卵巣を摘出する事で、乳がんによる死亡率を62パーセントまでくい止められると伝えた。

トロントに在るウ—メンズ・カレッジ・リサーチ・インスティテュトの研究パネル’によれば BRCA1 と BRACAと2の遺伝子を持つ人は、高齢になるほど乳がんになる確率が多く、片方の乳房だけにとどまらず、後にもう片方の乳房にも影響を与え、最終的には卵巣がんを発症する確率が多いだろうと伝えた

研究は676人のBRCA1 と BRCAと2の遺伝子を持た女性と、一握りの初期の乳がんと診断された患者で行なわれた。

345人の卵巣摘出手術(Oophorectomy) を行なった女性と、331人の卵巣を取り除かなかった女性を比べると、卵巣を摘出した方は素晴らしい結果となったと、チーフエディター、Dr. Mary L Disis, JAMA は伝えた。

エストロゲン受容体の関係で卵巣を切除した場合、乳がんと診断された女性の生存率に効果を現している。

研究者たちは卵巣を摘出することが、乳がん患者の生存率を上げるための良い選択肢であると推測した。そしてBRCA遺伝子を持つ初期の乳がん患者には、卵巣の摘出を勧める事が大切と伝えた。

気になるてんは、この研究は癌期1と2の乳がん患者のみに行なわれ、進行した乳がん患者には、まだ研究が行っていないことであると言う。

                         日本語プログラム、愛子訳

原文

http://www.benchmarkreporter.com/forget-mammograms-oophorectomy-can-reduce-chances-of-breast-cancer-death-by-62-study-shows/2532/