2016年8月 ”ごきげんいかが/がんがくれた贈り物”

8月の週間NY生活のコラム、”ごきげんいかが/がんがくれた贈り物” は、第4週目に掲載されました。

今回ののサブタイトルは「乳がん治療、選択を委ねられたら」です。

医師の診断にお付き合いをした時に、乳がん患者の一番の難点とも言える、治療方法を自分で選ばなければならない場面に遭遇しました。

医師に決めてもらいたい、「これしかない」と言って欲しいところですが、そうはいかないのが乳がんのようです。

17ページに掲載してありますので、下記のサイトからご覧ください。

http://www.nyseikatsu.com/editions/597/html5/index.html

Screen Shot 0028-08-27 at 8.35.06 PM (2)