5月のごきげんいかが/がんがくれた贈り物

5月16日掲載の週間NY生活のコラム、ごきげんいかが/がんがくれた贈り物では、昨年11月に日系人会で行なったニューヨークで受けられる無料/低価格のフォーラムの内要を少し書かせていただきました。

目的は、検診は費用がかかり過ぎて、マンモグラムや子宮内検診ができないと思われている女性の為に、アメリカ政府の援助を受けて対応してもらえる医療システムが沢山あると言うことを知っていただく為です。

特に40歳以上の方には、検診やスクリーニングを受けることを生活の一部にしていただけたらと思います。

デジタル版は:http://www.nyseikatsu.com/

私のコラムは19ページ:http://www.nyseikatsu.com/editions/537/files/19.html

毎月、第3土曜日の発行分に掲載されますので、ぜひ目を通してみてください。

ブロディー愛子

May