症状が発生する前に血液検査でがんを発見   

症状が発生する前に血液検査でがんを発見

Maggie Fox TODAY

“The surprising result is that we can find a high fraction of early-stage patients having alterations in their blood,” said Velculescu, who led the study team.

研究者らは、初期の症状が現れるずっと前にがんにかかっているかどうかを人に伝える検査を開発するための大きな一歩を踏み出したと言います。

ジョンズ・ホプキンス大学のチームによると、血液検査では、致死率の最も高い4つの癌、乳がん、大腸がん、肺がん、卵巣がんの患者において、大多数のがんを検出できたとしています。

この検査はがんのスクリーニングには使用されていませんが、その研究はそこに到達する方法を示しているとチームはScience Translational Medicine誌に報告しました。

「液体生検について取り沙汰されることがよくありますが、大概、既に後期のがんであったり、自分で何を探すべきかを知っている状態で明らかになることが多い」とジョンズ・ホプキンス大学キンメルがんセンターの腫瘍学・病理学教授Victor Velculescu博士は述べています。

「驚くべき結果は、多くの初期段階のがん患者の血中に変化が見られるということです。」

科学者たちは、腫瘍細胞が死ぬときにDNAの小さな断片を血流に放出することを発見した。 これらの断片は、無細胞循環腫瘍DNA(ctDNA)と呼ばれる。

スラムダンクではありませんが、検査はステージ1がんと診断された患者の半分以上の血液中に癌を発見しました。 後期がんの発見はさらに正確であったが、検査の目的は最も早く、最も治療が容易な段階でがんを発見することであろう。

がんにかかっていない44人に偽陽性はなかった。

いくつかの異なる液体生検がすでに市販されており、がん治療が有効かどうかを追跡するのに使用されています。 しかし、まだ診断されていない人のがんを発見することはできません。

何を探すべきかを知っていれば、腫瘍の突然変異を見つけるのは簡単です。「課題はヒトの腫瘍に存在する遺伝子変異を知らずに、がんの存在を予測できる血液検査を開発することだ」とベルクレスク博士は語った。

Velculescuのチームは、ターゲットしたエラー訂正配列(TEC-Seq)というアプローチをを開発しました。

「我々は、このアプローチを用いて、58種の癌関連遺伝子を調べた」と、彼らの報告書にチームは書いている。 この方法は配列に深く関連していて -DNAを30,000回以上配列し、 血液中に浮遊する腫瘍細胞からのDNAの突然変異を探しあてた。

がん患者の血液中にこのDNAが多く含まれていたことが分かった。

彼らはステージI の患者の62% – 結腸癌患者8人中4人、ステージII、IIIまたはIV疾患の大腸癌患者の90パーセントにおいて確認することが出来た。

ステージI の肺癌患者の45%、ステージI の卵巣癌患者の67%、および ステージI の乳癌患者の67%が陽性であった。

良い結果ではありますが、素晴らしい結果ではありません。 ベルクレスク氏によると、この試験ではまだ多くの癌が見落とされており、多くの改善が必要とされている。

高いリスク、無症状

より大きなグループの患者、および異なる癌を有する患者で試されなければならない。 最初の目標は、喫煙者やBRCA突然変異のような癌を引き起こす遺伝子突然変異を持つ人々のように、がんのリスクが高いが症状はまだない人々でそれを試みることだとベルクレスク氏は述べた。

初期の段階で癌を発見すれば、多くの命を救うことができる。 がんは米国全体の死因 第2位の病です。

「これらの癌の段階が後期か初期段階かで出てくる生存率の差は、世界中で毎年100万人を超える人になります」とVelculescu氏は述べています。

遺伝子配列の検査は今でも高価です。チームが行った30,000回の反復で数千ドルかかっています。 しかし、コストは着実に下がっている、と彼は言った。

Velculescu氏は、Johns Hopkinsがこの試験に特許を取得したことを明らかにしました。Velculescu氏は、Personal Genome Diagnosticsと呼ばれる進行癌患者の液体生検を行う会社の創設者です。

米国食品医薬品局は、人々の症状が現れる前に病気を診断すると主張する血液検査に非常に懐疑的だ。

同社は、Pathway Genomicsという会社を「液体生検」テストで訴追している。 $699で実施を謳った内容を示していないと主張している。

また、他の遺伝子検査会社に警告したが、最終的に23andMeに、4月に癌スクリーニングを含まないホームDNA検査を市場に出すよう指示した。

現在、大腸癌は大腸内視鏡検査で非常に早期に検出され、前癌性の増殖が制御不能になる前に停止することさえあります。しかし、大腸内視鏡検査は不快であり、怪我のリスクが少なからずある。

マンモグラフィーは早期乳がんを検出することができ、パップスミアは子宮頸癌または前癌性変化を検出することができ、螺旋CTと呼ばれる特殊な胸部X線が肺癌を検出することができます。前立腺癌のスクリーニングの有用性について議論されていますが、血液検査や身体検査では高リスクの男性がいることが示されています。

**********************************************************************************

この文章で腑に落ちないところがありましたら、下記の原文をご参照ください。

https://www.today.com/health/could-blood-test-eventually-screen-people-cancer-t115215