実験的乳がんワクチン

実験的乳がんワクチン

シャーロット アイムス 記

2017年3月30日 掲示

乳がんはアメリカ人女性に2番目に多くかかりやすい。3000.000人以上の女性がこの一年で診断される中、研究者等は予防策となるワクチンの研究をしている。

議員の前でがん研究への資金の話をすると「普段なら心配ないと言う一般診療医も青ざめる」とバーバラ、ポポリは述べる。

バーバラが炎症乳がんであると診断された時、「60から80パーセントの確率で亡くなられる」と告げられたと言う。

ご主人に付き添われて抗がん剤治療、放射線治療そして手術を受けた後、バーバラは乳がんワクチンの臨床試験に参加した。このワクチンはがんの再発を完全に食い止めるはずだ。

「これはゲイムチェンジャー/画期的な可能性がある。なぜなら、実際に乳がんになるプロセスの初期の段階からの特異的免疫対応が患者に見られない。」とフロリダのタンパにあるモティフィがんセンター乳がん腫瘍内科会長のブライアン・チャネッキ医師は語る。

チャネッキ医師は10年以上に渡ってこのワクチンの研究に関わって来た。「これは免疫反応を復活させることです。」と説明する。

ワクチンを作るには、白血球を患者から採取し、そして採取したT細胞をがん細胞を標的に免疫反応ができるようにさせます。そうしてカスタマイズされたワクチンを患者に射出します。「何人かの患者から手術をする前に病気が完全に消えるという衝撃的で素晴らしい結果も見えています。」とチャネッキ医師は言う。

このワクチンは6回から9回に渡りHER2ポジティブの患者に多く使うことができ、臨床試験に参加した80パーセントの人に免疫反応が見られた。

バーバラは「これからT細胞を復活させることができることで、自分でがんを治すことができる。そしてこのような体験を是体に繰り返す必要がなくなることを願う」と語る。

このワクチンの副作用は疲れ、注射部位反応 そして冷え。このワクチンはまだ臨床試験中である。

**********************************************************************************

この文章はボランティアにより翻訳されたものです。専門家の翻訳ではありませんので、腑に落ちないところがありましたら、下記の原文をご参照ください。

http://www.wearecentralpa.com/news/experimental-breast-cancer-vaccine/683243129