孤独は乳癌との戦いの妨げとなるとの研究結果

「乳がん患者と周囲との強い繋がりが及ぼす研究結果」ウェイバーブレイクメディア発表

孤独は長期に渡る乳がんとの戦いの妨げになります。

がん治療後の数年間を調査した結果、友達との強いつながりを持つなど周囲からのサポートのある人と、このようなつながりのない人を比較すると、サポートネットワークのない人は、がんの再発または他の病気によって死亡する可能性が高いことが分かりました。

1万人近くの乳がん患者さんのデータを分析し、社会とのつながりを持つ人と比較すると、このようなつながりをもたない孤独な患者は40%ほどの高い割合で、がんが再発する可能性があるとの結果が出ました。

又、これらの孤独な患者さんは乳がんで死亡するリスクが60%、そして他の病気になり死亡するリスクが70%上昇すると発表しました。

研究者によるとこの結果は予想通りのものだったといっています。

「一般的に言えば、社会との関わり合いを持つ乳がん患者は、死に至る確率が全面的に低いことは既知である」とカルフォルニア州オークランドにあるカイザー研究所のカンデス・コレンケ研究員は語ります。

アメリカ乳がん組織の健康調査ディレクター、カサンドラ・アルカラスさんは「人間は社交的な動物だ」と語ります。

「私たちは孤立して生きるようにはできていないので、周りと関りあうことで社会の一部であると感じることが利点となることは驚きではありません。社会との関わり合いは一般的な健康と幸福であることに重要な働きをします。」

それは完全に明らかなことではありませんが、「周りと繋がることで、例えば病院まで連れて行ってくれる人がいる、相談に乗るってくれる人がいる、またはがんと戦う為の資源や情報を紹介してくれる人がいるなど、現実的な支援が受けられることになる」とアラカラスさんは言っています。

「そして社会性と健康は相関し、周囲との関わり合いはストレスや鬱を和らげ、より良い健康作りの手助けをします」と付け加えています。

「それよりもっと広い視野から健康を考える必要があり、周囲の影響は他のリスク要素、例えば肥満や喫煙と同じくらい重要です。」

同研究員らもコレンケ研究員と同意見で「医師は患者の治療などを決める時、その女性の周りにあるサポートスステムを考慮する必要がある」と言っています。

この研究では患者が乳がんの告知から2年間、友人、配偶者、親戚や周囲などとのつながりを持つことが、生存に関係を及ぼすかを調査しました。

この報告は「キャンサー」12月12日号ネット版で発表されたものです。

9000人の女性が研究対象者となりました。平均11年の追跡調査では、総合人数の中から1400人のがんが再発し、また死亡した方は1500以上で、その中から約1000人が乳がんで死亡したことが分かりました。

「社会性と予測とのリンクは、初期のがんの患者さんにはとても強い」と研究者は語り、また「年齢・人種・国や国民性による特定した関連がある」とコレンケ研究員は言っています。

例えば白人以外の女性では友人や親戚との強い関係がある人は、乳がんで死亡する確率が低く、結婚している白人の高齢者に限り、乳がんで死亡する確率は低くなっています。

また、周囲に繋がりのある白人とアジア系高齢者女性の生存率は比較的に高いと言います。

「乳がんになった女性が周囲に繋がりを持つことは、再発、そして死亡率も含め、一般的に健康に効果的であることが研究で明らかになっている」とコレンケ研究員は言います。

この研究結果は孤独や鬱のある人が早期の死に繋がるとか、孤独は直接低い生存率と関連があるなどと証明しているわけではありません。

「孤独に陥ることを阻止するため、医師や医療関係者は患者をサポートグループやいろいろなプログラムにつなげてあげるよう配慮するべきです」とアルカラスさんは語ります。

そして「乳がんや他のがんの有無にかかわらず、周囲とのつながりは健康に良い影響を与え、孤立することは健康の害になる」と主張しました。

この記事はボランティアにより翻訳されました、専門家のものではありませんので、腑に落ちない部分がありましたら、下記に示しましたURLから原文をお読みください。http://www.cbsnews.com/news/loneliness-may-sabotage-breast-cancer-survival-study-finds/

screen-shot-0028-12-19-at-3-46-35-pm-2