夕方のグループミーティング

 昨夜のサポートミーティングは大阪のキャンサーネットワークジャパンから、ニューヨークに訪れていた方が参加され、ご自分の経験や日本の乳がん患者の事情などをお聞かせいただきました。

 アメリカに比べると断然に少ない日本の乳がん専門医の数に、ニューヨークで治療を受けられる私達はなんてラッキーなのかと皆さん思われたようです。

 また現在の日本での乳がん患者の数が12人に1人と増えたことも、ショッキングなニュースでした。

 特に昨夜ミーティングに参加された方達は、アメリカ生活の長い方が多かったこともあって、日本で治療される患者さんたちのご苦労が、日本の週間がもたらす医師や家族との意思疎通の難しさなどからもあることを、皆さんは感じられたようでした。

 オフィスを出てからまた皆さんと場所を変え、お茶をしながらの話もつきない夜になりました。

photo-1