乳がんサバイバーのリサーチ参加者募集

デューク大学看護学部が、乳がんと診断されたアジア人には、どのような形でのサポートをして行く必要があるかを研究するプログラムが始まるようです。
 
アジア人に注目した乳がん患者への精神的ケアの研究は、今までに例のなかったのではないかと思います。カルチャーの違いや何故どのような形で外国に住んでいるのかを踏まえて行われるこの研究は、これから乳がんと診断されるアジア人への、具体的なサポートの仕方を考えていただける一歩となるのではと思います。
 
これはインターネットでのサポートミーティングを約3か月ほど行い、アンケートにチェックして行く方法でデータを集めていくようです。終了後には50ドルの謝礼が支払われるようです。
 
参加資格:

1)21またはそれ以上のアジアアメリカ居住女性。

2)過去5年以がんのけた方。

3)英語、マンダリン語、韓語、あるいは日本語むことができる方。

4)インタネッ環境がある方。

5)細部人種人、韓人、あるいは日本人の方。

この究にご協力いただける方、またご質問のある方は電話番990-660-1600)またはメルアドレス(TICAA@duke.edu)にご連絡ください。

究の簡な情報を以下に添付いたしました。また私たちの究はアメリカ立保健院より支援を受けております(National Institute of Health, Project Number: 1R01CA203719-01)

フライヤーをご覧になって参加資格をご確認ください。

 

0_TICAA Study Flyer_Total_revised_20170213_1-1.pptx