タキソテアーズによる永久脱毛症が訴訟に

2016年1月20日

CBSニュースの報告によると、自称「タキソテアーズ」の女性がんサバイバーのグループは、抗がん剤タキソテールで永久に頭髪のない状態にさせられたと主張している。これは、乳がん治療用にサノフィ・アヴェンティスという製薬会社が製造している抗がん剤だが、当初は永久脱毛症や部分脱毛を副作用として列挙していなかった。「脱毛(髪、脇の下、陰毛、眉毛、睫毛を含む)はほとんどのタキソテール服用者に起こる。初期治療後に始まるが、患者によって相違がある。一般に治療完了後、毛髪は再び生えてくる。」と薬剤処方箋にある。

永久脱毛症に苦しむ多くは、薬剤規制機関にこの状態を報告している。タキソテアーズはソーシャルメディアにサノフィ・アヴェンティスを追い込む言及までも行っている。タキソテール治療の起こり得る結果に関して、女性患者に提供される情報の欠如が懸念される中、被害者はホームページaheadofourtime.orgを作成し、精神的支援、医学研究の比較や、医療供給者の教育など行っている。FDA(米国食品医薬品局)は、永久脱毛症のラベル列挙という改訂により、患者の懸念に対応した。改訂ラベルは2015年11月24日から有効になった。

タキソテール抗がん剤治療を受けた乳がん患者は75パーセントに上ると推定されている。その上、国立がん研究機関の研究によると、うち10パーセントから15パーセントが永久脱毛症に苦しんだ。貴女がそのようなケースの患者なら、貴女は一人ではない。

アレンツ弁護士団は、タキソテール抗がん剤で永久脱毛症になった患者のために、訴訟を起こしたいと考えている。もし貴女、もしくは貴女の愛する人が抗がん剤による永久脱毛症になったなら、この副作用の警告を的確に受けていなかった可能性があり、補償の資格があるかもしれない。このページの連絡フォームに記入するか、どこにお住まいでも構わないので、タキソテール永久脱毛症の無料審理を開始するには、アレンツ弁護士団(1-800-305-6000)に連絡、もしくはテキストメッセージを800-440-4400に送信してください。

(写真の下の説明)

抗がん剤タキソテールが永久脱毛症を起こすと発見された。

この翻訳はボランティアにより行われたものですので、腑に落ちない方は原文をお読みください。

Taxotere Alopecia Lawsuits Taken Up By ALG